雑草処理はお手の物!高性能の草刈機|エンジンパワーで雑草一掃

基本の利用法

草刈機を安全に使うために気をつけること

剪定

草刈機は小型エンジンと連動させた円盤状の刃先を、肩掛け式で体に密着させた機械です。農家では草刈りが日常の仕事ですので必需品ですし、行政が空いた土地や道路の除草に使用しているのを見ることもあるでしょう。 刃が高速回転するので、操作は注意を要します。まず、作業前に石やゴミは絶対に取り除きます。回転中の刃に当たった場合、石そのものが飛ぶか、欠けた刃が飛びます。刃は左回転するので、刃先を草に当てる時には右から左へ移動させ、円盤の左上が最前になるように当てます。草が深くて石が取りづらい場合、軽く刈ってから一度外して取り除く作業をし、また再開するなどのひと手間をかけましょう。定期的に草刈機が入る場所なのでしたら、終了時に徹底して石を除いておけば、次回は快適に始めることができます。 使用感は慣れによりアップしていきます。よく注意して場数をこなすのが早道でしょう。

草刈機を装着するなら服装にもこだわりましょう

草刈機での作業は、石などが刃に接触すると欠けた刃や石が体を直撃してくることもあり得ます。身を守るには服装による防御が大切です。 まず長袖・長ズボンが基本です。頭にはヘルメットをし、ゴーグルも必ず着用しましょう。あればマスク類で首や頬下を一気に守ります。前半身には防護の前掛けのようなものを着るとさらに安全性がアップします。手には手袋です。もし企業などで草刈機を使うのであれば、それぞれの安全対策の用具が揃っているはずですが、自分の庭であったり、個人で草刈りをしたりする場合には特に注意して用具を揃えましょう。 足元はゴムの長靴がよいのですが、これは草むらにはマムシがいる可能性が高いからです。作業開始時もいきなり踏み込むのではなく、充分に注意を払ってください。

エンジンによる違い

草刈機にはエンジンによってタイプが異なるため、購入する前にそれぞれのタイプごとの利点を考える必要があります。電動式であればバッテリー式と電気式、エンジン式ならば2ストロークか4ストロークかで選べます。

初心者向けの機器

剪定

初心者の人であれば、草刈機を購入する場合にどの製品がよいか悩むものです。アシストスプリングがついたエンジンは、リコイルを引くことで簡単に起動ができます。さらに、肩掛けタイプなら両手で固定できるため、安全に使えるでしょう。

プロ仕様の機器

剪定

草刈機に慣れてきたら、使いやすいプロ仕様の草刈機を使いたいと考えるものです。背負うタイプの草刈機であれば、刃を浮かせる事や傾ける事も簡単に行えるため、どのような場所でも使えます。刃についても使いやすいものに替えられます

↑ PAGE TOP

このエントリーをはてなブックマークに追加